フコダインは大きく高分子と低分子のものの2種類に分類できます。
それぞれメリットとデメリットが存在し、一般に低分子のフコダインのほうが、体内吸収率が高く、健康効果を得やすいと言われています。
しかし、高分子のフコダインにも低分子のものとは異なる特徴を持っており、身体においては大切な役割を果たしています。
そして、フコダイン商品を摂取する場合、体質や目的に合わせて、高分子か低分子のフコダインのどちらかを選ばなければなりませんでした。
そこで、高分子と低分子のどちらの性質も持つフコダインについて研究が進められた結果、高分子と低分子のフコダインを一度に摂取できる方法が開発されました。
これを両分子フコダインといいます。

●両分子フコダインの特徴とは

・高分子と低分子の両方のメリットが得られる
両分子フコダインは、高分子フコダインと低分子フコダインの両方とも含まれているため、当然、両方のメリットが得られます。
低分子フコダインの優れた体内吸収力、小腸の腸壁まで確実に届けられる高分子フコダインが合体することで、さらに健康効果を高めることに成功しました。

・がん治療への効果
両分子フコダインはがん細胞の働きを停止させ、進行を遅らせることが可能となっています。
がんの治療については、同じ治療法を採用しても、患者によって、その効果のあらわれ方が異なっています。
そのため、最適な治療法が見つかるまで何通りもの方法を試してみなければならず、最適の方法が見つかるまでかなりの時間がかかるケースもあります。
両分子フコダインを取りいれることで、がんの進行を遅らせれば、最適の治療法が見つかるまで、体内環境を維持できるのではないかと言われています。
参考サイト;http://xn--vckvb3bzb4b1c8506akz6dmqva.jp